宿曜占星盤印刷用の紹介

 宿曜占星術に使用する占星盤として利用するために作成しました。
 インテリア的な要素が強いものではありますが、使用方法もこちらで解説させて頂きます。

 こちらのファイル(PDF)をパソコンなどで開き、これに含まれる4枚の画像を同サイズで印刷してください。けっこう重くて、3MBくらいあります。 
 A4版あたりがいいと思われます。印刷用紙と設定は、厚めの紙で最高画質あたりだと、私は嬉しいです。
 また、中心の絵を文殊菩薩を表す梵字(マン)にしたものもこちらにあります。  
 印刷したものの外枠だけ、それぞれにハサミで綺麗に切り抜きます。

 できたら、あとは真ん中にある×マークを合わせて、裁縫屋に売ってるハトメなどで留めてください。最悪、画鋲でもいいと思います。そうすれば、宿曜占星盤の完成です。

 完成すると、上の画像のようになるはずです。
 
   現時点で私自身が印刷して作成したことがないので保証はできませんが。
 うまく作成できなかった場合、申し訳ありませんが掲示板にお知らせください。
 報告内容を考慮して作り直します。
 また、商用でのご利用はご遠慮ください。いや、テレビで使用したいとかいう話であれば、大歓迎ですが。

一応、以前公開していたものも下記に置いておきます。こちらは5枚印刷バージョンで、新しく公開したものよりも少し形が歪です。

タイプ1:白背景[PDF版:400kb] ←どれか1つを選び5枚印刷
タイプ2:黒背景[PDF版:1MB]
タイプ3:黒陰陽[PDF版:800kb]

宿曜占星盤の使用方法

 この盤には二通りの使い方があります。
 一つは「暦」としての用途。二つ目は占星盤としての用途(応用編)です。
 まずは、基本である暦としての使い方を解説します。

1.暦としての使い方
 まず最初に、今月の新月(旧暦1月1日にあたる)が何宿であるか、何曜日であるかを調べます。
 これは、二十七宿万年暦(携帯版はこちら)で調べることができます。
 たとえば2013年1月1日を例にすると、前回の新月は2012年12月13日の木曜日、斗宿となります。斗宿木曜日。これだけわかればOK。
 
 まず、占星盤を手に取ります。
 外側から順に円1、円2、円3、円4とします。
 さきほどの今月の例で解説していきます。
 円1の斗宿を上にします。
 円2に記されている木曜日を、斗宿のところに持っていきます。
 円3に記されている朔日の文字を見つけ、これを斗宿、木曜日と同じ列に持っていきます。
 これで、いちおう完成。

 あと残りの円4については、自分の本命宿が斗宿であるなら、斗宿の列に本命宿の「命」を持っていくことになります。
 こうすることで、その月の旧暦の10日は業の運勢であるとか、あるいは15日は成の運勢であると一目でわかるという仕掛けとなります。

2.占星盤としての使い方(応用編)
 占星盤としてのみ使う場合、円1と円4しか使用しません。
 まずは円1にある自分の二十七宿を上にします。
 次に、円4に記されている「命」も自分の二十七宿と同じ列に持っていきます。
 
 一例としましては、たとえば恋愛相手の二十七宿を調べましょう。
 そして、さきほど設定した自分の宿曜盤の円4の「命」の文字を、恋愛相手の二十七宿のところに移動しましょう。
 すると、たとえば自分からみて本命宿の相性であった人物が、恋愛相手からは別の相性であるということがわかったりします。当然、自分と恋愛相手が同じ二十七宿であれば、この使い方をする必要性はありませんが、そうでないかぎり、この使い方により二十七宿同士の関係というものが、より見えてくるかと思います。


製作:月の占星学2006