運勢カレンダーに「木」という表記が出たら、夜空の月の隣に大きく輝く木星が寄り添っています。

 木星は太陽系の中で、最も質量の大きい天体であり、太陽系の質量の大部分が木星である。太陽系では地球よりはるか外側を周回しており、公転周期はおおよそ12年。木星は古くから幸運の星として認識されていて、金銭的な事柄や社会的な成功を判断する星として使用されます。

 ですから、その木星が天空の月に接近するという事は、いずれにしても社会的な事柄が、発展したり後退したりする日なのだと解釈できると思います。あるいは、チャンスなどが訪れるかもしれませんね。