運勢カレンダーに「木星回帰」という表記が出た場合、あなたが生まれたときに木星があった位置に戻ってきた、つまり回帰している時期であることを示しています。宿曜とは関係ありませんが、木星が帰ってくるのは12年に1度の事で珍しい事ですので、表記しました。

 木星は太陽系の中で、最も質量の大きい天体であり、太陽系の質量の大部分は木星が占めています。公転周期はおおよそ12年。木星は古くから幸運の星として認識されていて、その木星が出生の位置に戻ってくるということは、それだけ社会的に大きなチャンスが来ているという事を表しています。