七曜凌犯

七曜妨害期間ないし、七曜凌犯期間、または七曜凌逼期間と呼ばれる時期について説明します。

 現在、一般的に知られている宿曜占星術の解釈によると、日や月を日月5惑星(七曜星)が妨害した場合、吉は凶に、凶は吉となるとされています。
 これについては宿曜経自体には、その存在こそ示されているものの、具体的な運用法については記されておらず、私が想像するところによれば、本来は現在でいうところの西洋占星術のように、太陽と月以外の惑星との関係を示すものであったと考えられます。

 当サイトにて使用している七曜凌犯とは、2013年現在、宿曜占星術関係のほとんどの書籍で紹介されている、一般的な運用方法を用いています。
 この方法の正否については、当サイトでは判断しかねます。

1.凌犯期間早見表(旧暦)
 旧暦の各月1日の曜日が表記の物であった場合、その旧暦月のカッコ内の日付が凌犯期間となる。

旧正月
土曜の場合(1〜16)
日曜の場合(17〜30)

旧二月
月曜の場合(1〜14)
火曜の場合(15〜30)

旧三月
水曜の場合(1〜12)
木曜の場合(13〜30)

旧四月
金曜の場合(1〜10)
土曜の場合(11〜30)

旧五月 
日曜の場合(1〜8)
月曜の場合(9から30)

旧六月 
火曜の場合(1〜6)
水曜の場合(7日〜30)

旧七月
金曜の場合(1〜3)
土曜の場合(4〜30)

旧八月
火曜の場合(1〜27)

旧九月
木曜の場合(1〜25)
金曜の場合(26〜30)

旧十月
土曜の場合(1〜23)
日曜の場合(24〜30)

旧十一月
火曜の場合(1〜20)
水曜の場合(21〜30)

旧十二月
木曜の場合(1〜18)
金曜の場合(19〜30)

2.六害宿
 六害宿とは、凌犯期間中に吉凶の解釈が逆転してしまう日のこと。
 凌犯期間中のこれらの六害宿は、厄日となります。

1、命宿〜これは本命宿の日。この日は財産を失いやすい。
2、意宿〜命宿より数えて4番目の安の日。苦しみと悲しみを味わう事になる。
3、事宿〜業宿の日。仕事の上で錯誤あり。地位を失う。
4、克宿〜業から4番目の安の日。財産を失い、勢力が失落する。
5、聚宿〜業から数えて7番目の壊の日。仲間と離別し四散の定めに遭い易い。
6、同宿〜胎の次の栄の日。仲間と争い事が起こり、財産を失いやすい。


月の占星学