てんびん座(天秤座)は黄道十二星座のひとつ。

ギリシア神話では、隣の女神アストライア (おとめ座)の所有物で、正義を計る天秤だとされる。かつては秋分点がこの星座にあったので、時を計る天秤だったという説もある。元々はさそり座のはさみの部分であったとも考えられている。のちに星座として独立した。このため、黄道十二星座の中では最も新しいものと考えられている。

0.もどる