みずがめ座(水瓶座)は黄道十二星座のひとつ。

みずがめ座はメソポタミア文明に由来があるらしく、はっきりしたギリシア神話がない。必ず、ひっくり返った水を流し続ける水がめ、あるいはそれを持つ男性として描かれる。通常、ガニュメデの持つ水がめであるとされる。水がめから流れた水は、そのままエリダヌス川(エリダヌス座)の流れになっている。

0.もどる