ふたご座(双子座)は黄道十二星座のひとつ。

ギリシア神話の双子ディオスクロイ(Dioscuri)が星座になったといわれる。この双子はゼウスの息子で、それぞれの名は弟がポルックス、兄はカストルだった。ポルックスは神となり(理由は諸説ある)不死だったが、カストルは人間のままで、いつかは死す運命にあった。ポルックスはさらに上位の神に頼み、自分の不死を兄に半分分け与えた。このため、双子は、1日(一説では1年)の半分は神として天の上で過ごし、残りの半分は地上で人間として今も楽しく暮らしている。

0.もどる