●宿曜占星術による占いの解説

[]Jump

 宿曜占星術では、月の公転周期27日をそのまま用い、27日周期で運勢や相性を占っています。

なお「先導・遠縁・追従」の3区分は当サイト独自の概念であり、あくまで理解しやすくするために追加したものです。これは、そもそも、本命宿から業までの相手というのは当人を先導する傾向があり、業から胎までの相手は縁が遠く、胎から本命宿までの区間の相手というのは当人に追従する傾向があるという、個人的な見解を追加させていただいた形となります。

※占いをしてみる
運勢診断(旧暦版)
相性診断(旧暦版)

※診断結果の解説

01.本命宿
02.先導の栄
03.先導の衰
04.先導の安
05.先導の危
06.先導の成
07.先導の壊
08.先導の友
09.先導の親
10.
11.遠縁の栄
12.遠縁の衰
13.遠縁の安
14.遠縁の危
15.遠縁の成
16.遠縁の壊
17.遠縁の友
18.遠縁の親
19.
20.追従の栄
21.追従の衰
22.追従の安
23.追従の危
24.追従の成
25.追従の壊
26.追従の友
27.追従の親

[]UP

もどる