●七曜妨害・六害宿について

 これは、宿曜経で示されている運勢の例外の事を言います。ある一定の条件を満たすと、七曜妨害期間という風に解釈されます。この期間では、月の運行を惑星が妨害するため、基本的に運勢が逆転するという意味があり、本来は良い運勢の日が大凶日になったり、悪い運気が強い良運に変化するとされます。また、この期間に特に影響を受けるとされる日が6つ指定されており、これが六害宿と呼ばれています。これは、非常に難しい理論となりますので、興味がありましたら宿曜関連の書籍にてご確認ください。

0.もどる